頻尿について知っておきたい最低限度の知識

頻尿とは何?

一日に何度も何度もおしっこがしたくなってトイレが近い状態のことをいいます。気分的にもうっとうしさがあって厄介な小便トラブルです。一口に「頻尿」と言っても一回の量が問題です。まずはおしっこをするときに量を注意してみてください。泌尿器科のいろいろな病気と関係があるのが頻尿の症状です。

一般的に一回のおしっこの量はどれくらい?

冬場と夏場では違います。夏場は汗をかくことが多いですからおしっこは少なくなります。一般的には1000ccから1500ccだとされています。

健康な身体の人は一回のおしっこの量は200ccから300cc程度です。一日合計した排尿数は5回程度と考えられます。一日に7回も8回もトイレに行くようならば頻尿です。特に夜間頻尿の場合は睡眠障害を巻き起こすこともあります。

膀胱に蓄積するおしっこの量

膀胱が尿意をもよおす最少の量は「最少尿意」と呼ばれます。普通で100ccから150ccですが一般人は350ccから400ccまでは我慢できるのです。

これには個人差がありますが、最少尿意が低い場合はトイレの回数が増えることになります。150cc以下の量で排尿する習慣になっているならば泌尿器科を受診して相談するといいでしょう。

おしっこの量が多い場合は…

おしっこの量が多くて何回もトイレに行く症状はそれほど問題ではないです。これは単純に水分の飲み過ぎが原因でしょう。

人間に必要な水分量以上のものが身体に入ればおしっこの量も多くなります。膀胱はおしっこをどんどん排出するようになるのです。その結果、頻尿ということになりますから水分を控えることによって頻尿は治るでしょう。

それ以外に考えられることは糖尿病です。糖尿病は喉が渇く特徴があります。水分を過剰摂取しますので腎臓が活発に活動して尿をたくさん作り出し頻尿状態になります。レアケースですが下垂体の疾病でおしっこがたくさんでる「尿崩症」という病気もあります。

おしっこの量が少ない場合は…

1回のおしっこの量が50ccとか150ccしかでない場合が一番病的なケースです。おしっこがしたくなってもでませんから、さっぱりしないのです。

最も多いのがおしっこをしても残尿感があることです。炎症がある場合は膀胱の中が空の状態でも刺激されます。排尿後でもすぐに尿意を感じます。

膀胱は普通に300cc程度はたまるのですが前立腺肥大症になると常におしっこが残っている状態です。そうなると頻尿になります。