尿失禁についての基礎知識

尿失禁とはどんな病気なの?

自分の意志に反しておしっこが漏れてしまう病気です。例えば次のようなシチュエーションが考えられます。
・トイレまで我慢することができず尿漏れしてしまう
・くしゃみや咳をしただけで尿が漏れる
こういった症状が尿失禁とか尿漏れとかと言われています。

尿失禁の5つのタイプ

1.腹圧性尿失禁・緊張性尿失禁
2.切迫性尿失禁・過活動膀胱
3.溢流性尿失禁・奇異性尿失禁
4.反射性尿失禁
5.機能性尿失禁
これ以外にも「尿道外尿失禁」があります。これは尿道以外の場所からおしっこが漏れる失禁です。原因は尿道上裂や尿管開口異常です。向精神薬や抗うつ剤・睡眠鎮静剤などの薬を服用した場合にも尿失禁になる人もいます。

腹圧性尿失禁・緊張性尿失禁

急に立ち上がったり重たい荷物を持ち上げたり、くしゃみや咳をしたりしてお腹に力が入ったりしたときの尿失禁です。35歳以上の女性に多く見られますが、それよりも若い年齢の女性でも見られる症状です。

女性に多いのは男性よりも尿道が短いからです。尿道をしめる尿道括約筋が弱いし、子宮や膀胱を支える骨盤底筋群も加齢や出産が原因で緩みます。尿道の締まりが悪くなり尿失禁になるのです。

切迫性尿失禁・過活動膀胱

急におしっこがしたくなるケースです。トイレに間に合っても下着を下ろしている間に漏れることもあります。健康な排尿は尿意を感じてもおしっこができる状態になるまで排尿中枢でコントロールできます。このタイプの尿失禁は神経系の異常があります。また膀胱炎や前立腺炎で尿路が刺激されて膀胱が異常収縮しているのかもしれません。

溢流性尿失禁・奇異性尿失禁

自分でおしっこをしたいのに出せないとか少しずつおしっこが漏れる尿失禁のことです。前立腺肥大や尿道狭窄・神経性膀胱の疑いがあります。排尿障害でおしっこがでにくいと膀胱内には常に充満しているのです。そこで軽い腹圧がかかっても尿漏れします。

反射性尿失禁

尿意を感じないのに膀胱にある程度おしっこが溜まると反射的に膀胱が収縮活動を起こして尿漏れする場合で脳障害や脊髄損傷の疑いがあります。

機能性尿失禁

身体運動機能が低下したり認知症が原因です。泌尿器科的な治療はできませんから便器の場所を工夫したりトイレへの誘導など介護や生活環境の見直しが必要です。

尿失禁の治療には「骨盤底筋肉体操」「薬物療法」「手術」が行われます。